ヤニー Yanny と ローレル Laurel 問題

Teki-nai的な。

★このブログは約2分で読めます。★

さて、
知ってる人は知っている、知らない人は「は?!」だと思いますが、
(はい、私知らなかったので(笑))


まぁ、
ザックリ説明したら…

短い単語の発音が、
人によって全く別のどちらかに聞こえる。

っていうことがありまして、
で、ネット上で論争(笑)、
Twitterでのアンケートでも、この録音を聞いた約50万人のうち、
53%は「ローレル」、47%は「ヤニー」に聞こえるっていう……

まぁだから、聞こえ方が半々な感じなわけですよ。

とりあえず、あなたはどっちか確認してみましょう☆

ヤニー? ローレル? どうしてこうも違って聞こえるのか

さて、あなたはどっち派でしたか??

比較的…
ヤニー派は高周波が聞こえる若い人に多くて、
ローレル派は低周波が聞こえる年配に多い、、、ようで、

まぁ、どっちかが聞こえて、別側は聞こえない…
両方聞こえる人居ない?って感じなのですけれど、


いっちばん重要なのは、
言語を聞く時に、こういう状況がある!
ってのを、まず知ることだと思うのですよ。


だから、
キッチリ「こう聞こえる決まった声の音!」…ってのが基本、存在しないから、
言語音、つまり発話している時の音なんてのは、
人それぞれで変化するし、言葉の繋がり方、文章の繋がり方で
かなり変化する、してる、ってことだと思うのですよ。

だから、
英単語の音だけを何回聞いて覚えたって、
その単語の音は
会話の中で様々変化するから、聞こえないってなるし、

あと、
各自が生きてきた中で、聞いてきた音の記憶…によっても
変わってくるらしいですね。


それと、やっぱり音の特徴ね。
アクセントとかイントネーションとかリズムとか…
まぁ色々とあるものを、
人それぞれ、生きてきた経験、記憶から
どう、脳が処理して、照合しているのか??……みたいな、、、

書くほどきっと、難しぃ~い話になっていくところですが、

とにかくこの、ヤニーローレルの2つの単語以外にも
きっとこんな違いなんて
多かれ少なかれ無数にあるはずなので、


とにかく、ザックリと

決まってこうだ!と聞こえる、
人間の発話の音なんて無いんだな!

……って、柔軟に考えて、感じられたのならば、

もっともっと、
英語学習への意識や、英会話への意識は、
変わってくる…と思うのです、はい。

タイトルとURLをコピーしました