じぃじ、ばぁばと、おとうに、おかあ。

Teki-nai的な。

★このブログは約4分で読めます。★

今日のアイキャッチ画像
この2人と…
姪っ子2歳10ヶ月&甥っ子1か月、
メチャクチャ同じ感じだわぁ~💖
なんか顔の感じも近い…www




……さてさてw


英語学習中に…

いろんな人の英語を聴いていると


ちょいちょい、

Teki- nai
Teki- nai

あ、それ

そんな感じの発音する??

私の知ってるのと

違うバージョンや。


これ、良くあります。



良く……無い??????


経験無い…って人は

いっぱい知らないとダメなやつですよ🤨




学校で習った音だけ…とか

教材用の録音でだけ…とか、

辞書サイト、辞書アプリの音声だけ…とか、

それの音だけだと思いたい。

決まった音があると思いたい。

それが正しい音なのだろう。

↑こんな心が生まれたりしますから、


知らない音とか、
知らない言い方する人の会話が
聴き取れなくなります。




で、今日の本題

例えば……っていうか、

これ、今朝…寝起きでなぜかw
ふと思ったことなのですが、

「おとうさん」「おかあさん」

↑これって、
私達…かなりの言い方変えて言っても
理解出来ると思いません??

おと~さん、おか~さん
おっとさん、おっかさん
おとっさん、おかっさん

おとうさーん、おかあさーん
おとっつぁん、おっかぁ…さん
おとさん、おかさん
……………

なんかまぁ、
やれる限りの

いろんなところで区切ってみたりしても、

どこかの方言風にしてみたりしても、

アクセントとか抑揚とか
ちょっと無理に変えて言ってみたりとかしても、


やれる限りの
色んな形の言い方…とかやってみても、



なんか、
わかっちゃう…レベルで理解出来ちゃうし、


あとなんか、
昔話、童話、絵本、あと…方言とか…
なんかどこかで
聞いたことがあるような言い方にも聞こえたり…。



とにかく、その
色んなパターンの音を全部、

「お父さん」「お母さん」だと

聞いて認識出来るわけですよ。




ね?

ちょっとずつしか音が違わないけど
全部同じ言葉の意味のものに聞こえて、
かつ、
「それ、日本語!」ってパッと判別出来る。


各国の言語音の……音の特徴っては

一体何よ?
どこの部分で感じてるのよ?
どれを指すのさ??って

本当、難しいよなぁ~って思うわけですよ。


言語音の音の特徴は…これ!なんて、
正解を定義なんて出来ないほどに
複雑なわけですよね。


それを私達は
聴いて感じ取る。




あと、
ひーちゃん🧒2歳10ヶ月が居るから
特に思うのは

「じじ」「ばば」

これもですねw

これも、、、

「じじ!」「ばば!」
「じぃじ」「ばぁば」
「じ~じぃ~」「ば~ばぁ~」
「じじぃ!」「ばばぁ!」

、、、、、

すっごい、
ちょっとの音の出し方の違い

色んなことを表現出来ますよね。


で、
2歳児がいつもは
じじー💖」なんて呼んでるのをね、

ちょっと変えて
じじぃ!💖」なんて言うと

可愛い声で乱暴になるから、

周りの大人にウケるわけですよ。

ウケるから、余計に使って繰り返したりする…


で、
2歳児ですでに
そういう使い分けのパターンを
覚えていくわけですよね。


でも、
日本語の特徴はあるから、
日本語だって認識するわけです。





だから、
本当に、言語の音ってのは

ちょっとの音の出し方の違い

実に様々な表現をするわけで、


これってのは
英語にだって当たり前にあるものはなずじゃないですか。

英語のちょっとの音の違いってのも、
こんな感じだったり、
色んな意味を持ったり持たせたり…を
させてるわけですよね。



だから、
人によって、地域によって、
色んな言い方、変わった感じ…ってのがあるわけですけれど、

それってベースに
英語の特徴…がある中

プラス人によって
個性的に言ったりがあるわけです。



だから、
言語の音ってのは
ものすごく複雑

正解がこれだけ!!なんてのは
言えるはずも無いし、


そして
私達は日本語でも
ものすごくたくさんの種類の…

「お父さん、お母さん」
「じぃじ、ばぁば」

聞いてきているのだと思いますよね。

おんなじに聞こえるようで、
ちょっと音が違う、
色んな人が言う、色んなやつを。



だから、
英語の言葉の音達も

たっくさん聞いて、
たっくさん話して、

バリエーション豊かに
様々なパターンを

記憶していくことで

自分が使う言語として充実していくわけ…
でしょうね。




…なんか、書き方回りくどくなりました😅
ま、なんか
そんな感じです😝



つか、
…なんでふと…
朝、起きたてに
こんなことを思ったんでしょうかねぇ…w


子育てに絡んだ日々を送ってると、
脳内がそうなるんでしょうかねぇ、、、www


タイトルとURLをコピーしました