使う 対話 触れる

Teki-nai的な。

★このブログは約3分で読めます。★

覚えよう…とするものほど、
すぐ覚えられるけれど、忘れてしまう。

覚えよう…とはせずに覚えたものほど、
時間は掛かるけれど覚えてしまって、忘れない。


これ、どうですかね??(笑)
(「どうですかね?」じゃ~ない!って話。)



英語って、
忘れたら な~んの意味も無い…のですよね。


で、
こう…良く巷で聞くのは…

必死になって覚えた…こと、
ほとんど覚えていない。


…みたいなやつ。🤣🤣🤣






それはつまり……

資格、試験、テストの為に……的な、

そういう為の記憶…??




で、私なんか……

昨日……一昨日……先週……


ふと、本で目にして、
ふと、ネットで目にして、

ほほぉ!なるほどっ!
へぇ~!そうなんだっ!

な~んて思った、いくつかの英語。。。




はい、
覚えてなぁ~い😱😱😱


やっぱり、、、


使っていないと…覚えてないし、
対話してないと…覚えてないし、
触れていないと…覚えてないし、



これじゃないですか!?🤔




だからですね。
この……ネイティブの会話を真似て…なのですが、

まぁ、
もちろん…なかなかに
最初は覚えようってするわけです、はい😅


で、
覚えてから……が、
スタート
なのですよ。



だから、私、、、

な~んかいも、

いろ~んな人と、

おな~じやつを、

はな~しているわけです(笑)




ガッツリと覚えていますけどね、
身になってる感が
まだまだ全然足りないのです。


つまりこれ、
覚えていない…ってことじゃないの??って。




だから、
それは

「覚えようとして…すぐ覚えたけど、結局忘れてしまう。」
ものと同じであって、

「時間は掛かるけれど、覚えてしまって忘れない。」
ものにしておかないと、

意味無いんじゃない???

って思うわけですよね。




だから、


資格、試験、テストの為
必死で覚えて……忘れるのと、

このネイティブの会話録音
必死で覚えて……忘れるのと、


結局、同じなわけです。




使っていないと、
対話してないと、
触れていないと、


辿る道は同じ、なわけです。




もちろんですね、
かなり忘れにくいってのはあります。
この、
ネイティブの会話をそのまま真似て覚えるってのは。



でも、
聞いて、聞けて、喋って、喋れて……の
実践的なところまで…の記憶って言うのは、

やっぱり、
いっぱい使って対話して触れて…じゃないと
無理じゃないのですの???


…なわけです。




少なくとも
私には……無理や、、、🤣🤪



そして私は


今日も…使って対話して触れて…を繰り返す。🤗

だって、
今日も…使って対話して触れて…を繰り返す中で…

思ったのですもの。

覚えよう…とするものほど、
すぐ覚えられるけれど、忘れてしまう。

覚えよう…とはせずに覚えたものほど、
時間は掛かるけれど覚えてしまって、忘れない。






……あと、
ブログはもっと早い時間に書く、書き上げようって思いました😜

もう……
夜は生徒さんとの対話練習に必死で…(笑)、

もっと色々と
パワーアップしないとダメだ、と思う私です🏋️‍♂️





タイトルとURLをコピーしました