それはスタート

Teki-nai的な。

★このブログは約3分で読めます。★

どうも、どうも、
だんだん寒くなってきましたね🥶


今日はフランスの友人から
「雪は降ってきたか?」と聞かれました(笑)


冬になってまいります
Teki-naiでございます



さて、

ネイティブが普通に会話している音声を
そのまま真似る。

教材用の録音では無く、
普通の会話録音をそのまま真似る。

これをやっているのですけれど、




この為のステップとして、


まずは
その英会話を覚える」ってのが


当然あるわけですけれども、




ここで大切なのが

覚えた」ってところが

最初のステップ、ステージであって、



真似ていく」のは

そこから…ってことですね。





英語の発音、リズム、アクセントとか抑揚…などなど、

真似るポイントは多々あると思うのですが、


「会話を覚えてから」…がスタートなわけです。




だから、

○覚えました。
○一人で通して言えるようになりました。
○誰かとも話してみました。
○誰かとも通して掛け合い出来ました。


じゃ、次…って




すぐに行ったら…





真似…ました??
🤔🤔🤔


…だと思うのですね。






真似……と言ったら、


まぁ、モノマネが思いつくかなぁ?って
思うのですけれど、


例えば…ものまねタレントさんなんかは…


歌手の真似ならば、
まず、
歌えるようになるのってのは
大前提ですよね。



で、私達も
ものまねタレントレベルになるつもりは無くても、
カラオケで歌えるように
覚えてから行く…ってのは
大前提なわけじゃないですか。




勝負はそこから…ですよね。




歌えるようになった…ってのは
スタート地点なわけです。






ものまね上手くなっていく、
歌、上手くなっていく、





…って言うのは

そこから次に


繰り返しながら

何を意識して
何に注目して
どこを改善して
どこを目指して



やっていくか…で
変わっていくものだと思うのです。




だから、



ただただ

「英会話の音声通りに
話せるようにはなりました。」



…は、
【ネイティブを真似た】
って言えない状態なので



まぁ、
以前にこれ…書いたのですけれど↓

この……



「真似てみよう!!」っていう意識
やっていくと

すっごくたくさんのことに
出会っていけるのですけれど、




「覚えた~!やった~!次~!」に
満足しちゃって、

全然誰とも会話練習、対話練習せずに

ただ独り、
黙々と覚えていくことだけ

学習目標を置いちゃうと…





真似た…その先にある
誰かとリアルな英会話」が目標じゃなくて


英会話教材を覚える」を目標に
いつの間にかしちゃって



得るものが変わっちゃうんじゃないか…と

思うのです。





なので、

見知らぬ誰かと
オンラインで話す…なんてのは

最初はとてもハードルが高かったりするかも…
なのですけれど、



ただただ、教材を覚えるだけ…
の学習では


結局、そこらへんに良くある教材とかと
変わらなくなっちゃうので、


ぜひこの…
「ネイティブを真似る」…の

「真似る」とはなんぞや??

を、

常に忘れずに進んで行きたいな🤩

行きましょう😍


…って思うのです。



英語、
そこそこ話せるようになったり…すると、
真似るのを止めてしまったりして、

そこから成長せず、細かなこと気にせず、、、、


…というのを聞いたので



今日はこんな感じでまた、
「真似る」について書いてみました。



「真似るとは??」、
奥が深いので

またきっと、
ちょこちょこ書くでしょう、、、(笑)
🙋‍♂️


タイトルとURLをコピーしました