あなたは日本語を、正しく教えられるのか??

Teki-nai的な。

★このブログは約2分で読めます。★

さて、簡単な想像をしてみましょう。

とても簡単な想像を。


あなたが外国人だとして……


日本語を学ぶ時、


北海道の人に教わる日本語、
東北の人に教わる日本語、
関東、中部の人に教わる日本語、
関西、近畿、
四国中国、九州、沖縄、



どこの人に教わる日本語も
一律で

全く同じ文法、言葉、発音を教えてくれる……と


” え ” ますか???




はい、
無理ぃ~🤣





日本国民の間でも、
方言、訛り、数ある中で

そんな一律にこれぞ正しい日本語!なんてのは

教えてもらえない……に等しいわけで。
(そして学校で教わるのは、普通の会話では使われないやつ多し…っていう…😱)



で、たぶん……中には……

え!?
それって…
共通語、標準語じゃないの??

みたいな感覚の言葉も、発音も、

きっと各地でありそうですしね(笑)





だからまぁ、
何が言いたいか…って言うと、、、

教わる人、教えてくれる人、によって、
色んな日本語があるわけで。





だからこそ、
色んな日本語を吸収して、覚えて、学んで、
そして、
それを自分でまた、調べて


で、日本人との会話の中
体感しながら得ていく、、、わけですよね。





英語もね!


いろ~~~~んな人が、

いろ~~~~んな教え方をしていて、


膨大な文字での説明が
ネット上に溢れていて。

膨大な動画が
毎日毎日、何本も量産されていて。


もはや
誰も精査出来ない
乱立状態




だから、

常に信じて、
常に疑って、

知って、吸収して、学んで、覚えて、

そして、自分で調べて


やっぱり、他国の人との会話の中
体感しながら得ていく。。。。これですよね。




今も、世界のどこかで………

おっかしな日本語を教えている人が

いるのかも…しれない。。。



同じように………

私達もおっかしな英語を…

見聞きしているのかも…しれない。。。




そう思って、
言語に向き合っていくのが…

良いんじゃ~ないかと思います👍




言語は
教科書や試験の中で起こるんじゃない!
会話で起きてるんだっ!

おし~まい🙇‍♂️







タイトルとURLをコピーしました