リコーダー☆レコーダー

Teki-nai的な。

「良い発音をする。」

これ、すなわち…


楽器で
良い音を出す。

…と通じるものがあると思うから、



自分の身体を
楽器と同じように考えて、


私達の大半が学生時代に習った

ソプラノリコーダー、
アルトリコーダー、

…に
例えてみれば

共通して理解出来るから
話早いかなぁ~と。



みなさん、共通して
過去の記憶の中で…

はぁ!?

…って言う音www

ピィィ~

ピュフォ~

これを
やっちまった経験があると思いますけれど、


あれはやっぱり、
息の吹き方、
息の量、強さ、


あと…
唇の当て方、
穴の押し方、


さらには…
唾液の詰まり、
掃除の有無、



…こんなところで


四苦八苦したことだと思います。


…でしょ??


だから、

単純にアレとおんなじこと…ですよね、
考えてみれば。


良い音、
良い発音、


を出すために

どうするか…ですよ。



息を吐く、その感じ…

唇の使い方…

舌の使い方…喉の使い方…


そういうところに意識が向いてる上で、



さらに
自分の出してる音が

ちゃんとしてるかなぁ~??
近いかなぁ~??


…が
自分の耳でチェック
出来るかどうか。


これですよ✨



で、

楽器には
正解の音、正解の音階…が
存在するけれど、

人間が発する言語音には
正解の音…は
存在しませんからね。



ヤニー・ローレルでわかるように☆

だから、
言語音の方が
めっちゃ複雑なわけですからね、


とにかく まずは
リコーダーとおなじように、


自分の身体の使い方

これにちゃんと意識を向けて、


そして
音を生み出して、音を真似て、
自分の耳で確認、修正矯正が出来るようになる。


はい、これですよね✨




その昔…リコーダーで
おっかしな音を出してた経験を踏まえたら、


英語の発音で
出したい発音より、出てる音が遠い理由が


楽器の使い方、身体の使い方…にある…ってのは

すんなりと腑に落ちるでしょうから、





そういうわけでw、

身体の使い方
意識を向けてまいりましょうか。
🗣👄👅





あ、
あとあれですよね、

リコーダーって
久しぶりの授業…とか、
やらない期間を空けちゃうと

また、
変な音が最初出る…ってのもありましたよね。


あれ、
英語もそうですよね。

間空けちゃうと……発音鈍る気がする🤣


母国語レベルでやってれば
そんなことは無いでしょうけれど…

第二、三、言語で…
たまにしか話さない……では


そりゃ、良い音出ないわ…ってことですね。





あ、
あとあと~w、


リコーダーって…
Recorder …なんですね。

これ……レコード…+ er じゃないか…。


つまりは
レコーダー…と同じかいっ❗❗



くそぉ…
カタカナ英語めぇ…

最初にこういうのを
カタカタにした人達……


書き方、使い方、
ゴチャ混ぜにしないでくれぇ…😭



……まぁ…逆に

Rは
リでも無いし、レでも無いし…ってのを
理解するのには…良いのかしら…?🤔
😅😅😅


ネイティブの真似 を楽しむ
~ネイティブを真似るだけで英語は学べる~
子供が大人を真似て言葉を覚えるように
英語ネイティブの実際のリアル会話を真似て
音を覚えて、音が聞けるようになって、
英単語を覚えて、英文を覚えて、
当たり前のように自然に話せるようになっていく。

日本語感覚で組み立てる不自然英語じゃなく
ネイティブの会話をそのままに話せるように。

教材用の録音では無く、
実際のリアルな会話をそのまま真似て
さらにそれを、たくさんの人と
オンライン上で疑似会話し合って学んでいます。
私がやってることの詳細はこちら。

 

様子はこんな↓感じ😜スマホからでも、PCからでも👍

タイトルとURLをコピーしました