「おざーっす」と「あざーっす」の法則

Teki-nai的な。

★このブログは約4分で読めます。★

日本の映画、邦画
映画館に観に行って…


シンドイのは…

Teki- nai
Teki- nai

…は???

今…何って言った???

これ、結構あったりすること…。




その時に
もちろん一時停止も、早戻し、巻き戻しが出来ないから
モヤモヤ…で……で、すぐ話進んで、シーンも進んで…

ま、聴き取れなくても大丈夫だった…のか…
なんとなく納得して…観終わる。



みたいなことは
結構ある。


日本語なのに!😤





民放で放送された映画は…
字幕が出せるから、

は!?」…の時に字幕を出して
早戻し、巻き戻しして確認したり、

もしくは最初っから
日本語字幕出して観てたりします。



明らかに役者のせいだと、

Teki- nai
Teki- nai

おいっ!!
滑舌ぅぅ~!

😤

……ってなったり、


制作サイド、監督サイドに対して

「今のセリフ回しで
良くOK出したな、、、
聴き取れんぞっ🤬



…と憤慨したりしています。


ニホンゴなのに!😡





…と言うように~、


私達は結構、、、

日本語で言われたことも

瞬時には判断出来ない、聴き取れない…があります。


滑舌もありますが、イントネーションとか、
ま、色んな理由が重なって
聴き取ることが出来ないことは
良くあることです。


民放字幕とかで確認した時に、
「あ!それなっ!!」
って納得したこと、

結構あります。




特にあれです、
人名、配役の名字、苗字……これは
わからない時が多いですが、

民放字幕出してると…
(加藤 ◯◯◯~)みたいに出してくれたりするので

ちょっと聴き馴染みのない名前なんかの時とか、

あと、一瞬だけ出てきたけど…重要人物だったりする時に

Teki- nai
Teki- nai

あ、あれって
あの人物の名前を

言ってたのか…

字幕で見てて良かったなぁ…

これも良くあります。

特に「漢字」で見せてもらえると
サッと記憶できたり…もあって便利です。




…と
ここまで書いて
何が言いたいか~…って言いますと、


英語も
なっかなかに

そんなハッキリと分かるようには

映画やドラマの中でさえ

言ってくれてはいないもので、


私の友人の
英語ペラペラのフランス人の彼も…

うん。
アメリカ、イギリス映画はね、

8割ぐらいかも
セリフわかるの…。

でも、
映画館行くよー!!

…って

日本に来ていた時も
日本語字幕の方でw(つまり英語音声)

映画を観に行ってました。



なので、
私達、日本語ですら
聞き取れないこと
があるわけですから、

英語なんて~のは、

さらにさらに
その上を行くわけです。



プラス、
英語のスクリプト、字幕を見てさえも

「こんな風には
聴こえねぇ~、言ってないだろ~」


…に出会います。



で、その
なんで聴き取れないのだ?
現象の要因として、


音が聞こえなかった……よりも、

言った言葉を、過去聞いたことがない。

これがあるわけです。



さっき書いた、
日本語の物語の中の人名で、

聞いたことのない名字、苗字で
ちょっと珍しいような名前が付けられてて

特に…連ドラだと1話目だったり…
映画だと最初の方だったり…だと、

「この役名…なんて言ってんだ?なんて名前なんだ??」

が起こるのは
当然なわけです。

聞いたことないものは
その音が聞こえていても、パッと理解出来ないわけです。



おざーっす と あざーっす の法則w です。


この会話音の
正式な言葉と、その音の
リアルな音、使われてる時の音を知らなかったら…

O ZA A SU と A ZA A SU 的な、

まさにそのままの音だけが聞こえているので


外国人は
初めて聞いたら…???でしょうね。


たとえ、、、
おはようございます と ありがとうございます を
学んでいたとしても。





いらっしゃいませ」なんかも、
まず、この日本語に該当する英語がありませんし、

知識として
日本では顧客を迎え入れる時に
いらっしゃいませ…って言うらしいぞ。
」と
学んできていても…


らっしゃいせ~」ぐらいに
慣れた感じの
崩された音で言われたら……


やっぱり、それを
聞き取って理解することが
出来ないわけです。

※前に…こんなブログ書いたのでお時間あれば…


…と言うように~

英語が聞こえない。
英語が聞き取れない。

これ、
音が聞き取れない………も確かにありますけれども、


なによりもまず、


その音の言葉の
知識、そして音の記憶……が無かったら、

そういう風に
理解できないわけです。


おはようございます。
ありがとうございます。
いらっしゃいませ。


…の知識、そして音の記憶があれば、


ちょっと崩れていたとしても
それを聞き取る力は
格段に変わってくるわけです。



記憶の音と
照合しているだけですから。




そして、
ネイティブの発する音は…

学校教材用みたいに録音されたような
聞きやすくハッキリとした音…じゃ~なくて、

なかなかに
崩れて繋がって、そして消えてwいますから、



リアルなネイティブの会話、音を
ドンドンと覚えることで

色んな音のバリエーションある記憶を増やすことで



英語ってのは
理解できる、聞けるのだな っと




そういうお話でした、まる







タイトルとURLをコピーしました