リスニングの壁を、出来るだけ低くして

Teki-nai的な。

★このブログは約2分で読めます。★

電話で…玉砕された。
電話の問い合わせで…泣いた。


こんな記事、Tweetを
良くみたりします。


結構、英語に自信があって

その土地でも生活、居住していて

仕事でも英語を使っていて


英語には多少、自信があった……のに!
って。



聞く、聞ける
これが何よりも大事、最優先だなぁ~って

思わされますよね。




どんなに
英語の試験、資格の点数が高くったって、

どんなに
「こんな時…」ってフレーズを覚えていたって、

どんなに
たくさんの本も新聞も読めたって、



聞き取れなかったら……
そこで会話はストップ。


困ってしまってやることは…

再度リスニングアップの学習、、、


Teki- nai
Teki- nai

だからやっぱり、
何より先に
聞けること、
リスニングじゃない??

って思うのですよね。



苦労を
二重、三重には
したくないのですもの🤣



電話になると…途端にダメ…ってのは、
やっぱりどこかで
対面の時ってのは
相手が考慮してくれてたり、
または表情やジェスチャーもあるし、
そこに優しさがあるわけでしょうね。




英語を真似る。
ネイティブを真似る。


その学習は

書いたりしないし、
読んだりしないし、

文法を文字で学んだりもしない…から、



テストの点を取るような、
何かの資格を取るような、

そういう充足感、満足感は無い
ので




学習してる感……が 物足りない時が多いけど、😝

いや、結構多いけど、😝😝(笑)

実際、かなり多いけど、😝😝😝(笑)



そういう風に
ガッツリ…文字英語学習を優先した人が
のちのちにぶつかる
でっかい壁

が、

少しでも低く、

いやむしろ壁無しぐらいまで


先にリスニングに
自信を持てたら良いですね☆




真似て真似て、
記憶して記憶して、

覚えた音達、
覚えた音の特徴達は、

みんな聞き取れるのだ~よ





おし~まい🙇‍♂️






タイトルとURLをコピーしました