聞き待ち練習

Teki-nai的な。

★このブログは約2分で読めます。★

リアルなネイティブの
英会話録音を聞いて…


独りで黙々と

英語を覚えて、
英語を聞いて、
英語を話して、




どうしてもそこで得られないもの



相手が言っている内容を感じる、
相手が話している速度を感じる、
相手が発している音を感じる、


こんなところ。





これ、
つまりは
実際の会話の時に
当たり前にする重要なところであって、

ただ一方的に
覚えたことを喋る練習とは違ってきますよね。



この練習がですねぇ、
相手が居てくれる英語学習じゃないと
絶対にやれないところで、



相手が居て、
分かるんです。




ほんとに…これ。



相手が居てくれて、
会話のラリーをやってみて
分かるんです。

両者共に
同じ会話の録音を
聞いて覚えて話しているから、

話す内容は分かっている…上で


それを
相手がどんな感じで言うか、
今どこを、どう話しているか、



それを
聞いて待つ。


実際のネイティブに
リアル速度で
いきなり話されたら……

……はぁ!?

ですよね。



で、これ…

相手が居てくれる練習で
言うことが分かっている練習
……それでも!!


最初の頃って
相手が今、
どこをどう言ってるか…


聞く余裕無くw

練習が展開されますwww



もう、
とにかく自分が言うべき台詞wを
言い待ちwします。



だから、
余裕持って
聞き待ち…ってのが
出来ないのでして、




だから、この

「相手が話す英語を
じっくりとちゃんと聞く。」


この練習に
すごくなってるんだなぁ~って

思うのですよね、
相手が居てくれる対話練習って。



絶対に
独り学習してる人には
練習が出来ない
やつなのですよね。




なので

私、そうじゃない
相手が居てくれる練習をしてきているので


ただただ、
「英語を聞き取れるか!?」
じゃなくって、

聞き取って、かつ次の台詞を言い、
また聞き取って、次を言い…

っていう、


リアルな英会話の
疑似体験を

ほんと
皆様にオススメしたいと…今朝も思ったので
…書いてみました🤗


タイトルとURLをコピーしました