リエゾン、リンキング、リダクション……の本

Teki-nai的な。

★このブログは約3分で読めます。★

今日、
たまたま観たYoutubeで…


まぁ、
いわゆる良くある…
英語を聞き取るには…」みたいな、

そんな動画だったのですが、


ちょっと、

Teki- nai
Teki- nai

…あ…
そんなに……

本……なんだ…

って思ったのですよ。


その動画の
コメント欄を見て。




「リエゾン、リダクション、リンキング…が
よく分かる…本を紹介して!

「おすすめの…本はありませんか!?

…な人が
結構、居たのですよね、、、。



いや、まぁ…
一応ね、知識として…

その、用語の意味とか
何のことを言ってるのか…的に、

リエゾン、リンキング

リダクション…ってのは

よく言われるから、
調べるぐらいは良いと思うのですよね。

ネットで。



ザックリ言ったら、

リエゾン、リンキングってのは
音がつながる…って説明されてる…ことで、

リダクションってのは
音が消えちゃう…って説明されてる…ことです。

はい、おしまい☆



だいたい、こういうのって…
文字で説明しようとして、、、

決まった音」なんて存在しない言語の音のことを
無理矢理説明した理屈…なわけですよ、ハイ。
🤷‍♂️🤦‍♀️



」の音ひとつ取ったって、
体型も、性別も、年齢も違ったら
それぞれに違った音の「」が出ますからね。



で、
あとはこれ…

文字で説明されたもの見て、頭で覚える…じゃなくて

やっぱり音を真似て、身体で覚えないことには…

何にもわからなくないかい!?

……って思うのですよね。


そう。だって、
音を身体で出すことなんだもの。




今、一緒に練習している

若い学生の方々だって…

きっと、
リエゾン、リンキング、リダクション…なんて
聞いたこととかも…ないかも…だし、

別に私も言わないし、

きっと多分、
自分がもう、出来ていることを
後々で知識として学ぶ…知る…ぐらいだと思うのです。




それに……

ネット上にはもう、
山ほどそれらに関することなんて
書かれていますから、
なぜ…本🙄!?」って思ったのです。



しかも、
それなりにやってきてる人達っぽかったから、

出来ない部分を
本で補おう……っていうのが、

なんかこう……ん~、、、、って思ったのです。




また水泳で例えますけれど(笑)、

そこそこ泳いだりしてて…

さらに速くキレイに泳ぎたい!って思った時に…

本、買います!?🤔


ネットで調べる…ぐらいは全然わかるのですが、
本……買わないなぁ…と。


それに、
じゃ、全然わからない人…だとしても、

本を読んで、泳ぎ方を頭で知って……から、

プールとかに入ります???




だから…やっぱりこれ、

別に批判してるってことじゃないのですけれど、



とにかく1回、
まず、頭で理解したいクセ
ですよね。

もう、クセだと思うんです。



まず、知識。

とにかく、活字。


…みたいな。




だから本当に
子供なら誰でもが当たり前にする…

真似る。 ってことが、


本当に大人になると
すっごく難しくなっちゃう…なっちゃってる人…が

多いんだろうなぁ…って思ったわけです。




……真似てみようか。って発想がまず、
無かったりするのかも!?!?

ヨシ!
それの本読もう!
」に

すぐ行っちゃう…みたいな。




うん……真似る……

やっぱり、真似るって

技術、スキルなんですよねぇ、、、



でも、
絶対にみんな、出来るはずなのですけどね。

日本語を話せるわけだから。

真似て日本語、覚えたわけだから。





あ~…でも、
「日本語も本で覚えたんや。」って…
そんな感じに…思ってたり…もあるのかなぁ、、、



英語を真似る……真似る方法、真似方、

こういうのが
もっと自然なものとして、

広まっていったら良いのになぁ~…って

思いました。おし~まい🙇‍♂️






タイトルとURLをコピーしました