学び合うってのはさ…☆

Teki-nai的な。

★このブログは約3分で読めます。★


わからないこと…が、わからない。

…な~んてのは良くあるし、聞きますよね。



英語の発音は
特に最初はそうです。

何が、どこが、おかしいのか…

何を、どこを、直せばいいのか…

何を、どこを、どうすれば良いのか…


今でこそ、

自分で自分の音に気付きやすい私も、

やはりそれは、

自分の録音を、自分で注意深く聞くようになってから…だと思われ。




気付けない…のです。


一人では気付けない。

気付けない…から、変えられない。




自分が違うコース、違うレーンを

走っていること、泳いでいることに気付けなければ

修正すること無く、そのまま行くでしょうし、


自分のフォーム、自分の姿が

違っていること、変な感じなことに気付けなければ

やはり迷うこと無く、そのまま行くわけですよね。




わからない…状態が、
わからない、気付けない。

直す、直さない…の前に
違っていることが、分かれない。




良く聞けば、
良く意識を持てれば、
違いに気付ければ、

音は明らかに違う。



明らかに違うことに
キチンと自分で気付くために

自分の状態を
客観的に見る必要があって、

その為に
フィードバックが必要であって、


自分で出したもの、録音、録画、が
とても大切であり、

そしてまた、
自分で出したもの…を評価してくれる誰か が
とても大切なわけです。




で、さらに言うと……

その、出されたものを…受け取った誰か…が

その他者の違いに気付き、

そして調べる。


それを自分のことのようにして

調べる。


相手の間違いや違い…を

自分の中にもないのか…と探す。


相手の解決策を、気付けるようにする策を

調べ、考え、向き合ってみる。


そして、伝える、教える。

僕が学生さん達と練習する中で、

常に

様々な音の修正ポイントに出会い、

そしてそれを


まず、
どうすれば本人が気付けるか。

どうすれば本人が感じられるか。

その伝え方、教え方に悩みます。


そして
どうすれば直せるのか、

どんな直し方があるか、



今は便利です。

様々にネットを調べて旅をします。



溢れる沢山の情報に出会って、

その中から選び、

そして伝えてみる、教えてみる。


この時、

僕自身がまず先に

その溢れる情報に触れるわけです。


キッカケは僕自身のことでは無い。
相手の修正ポイントを
変えるため。



だから、
それが無かったら出会えないことに

僕はドンドン出会っていく。



伝える、教える、…と

与えているよう…な表現ですが、

一緒に学んでいる…わけです。



一人では気付けない…ままに

変われないままに進んでいくのは

とても不幸だと思い…ますよね??



マラソンでも、水泳でも、何のレースでも、

コース外れて進んでいるのに

本人も誰も気付かないまま

間違ったままで進んでいるの……

メチャクチャ悲しくないですか?(笑)

想像しただけで…めっちゃ切ない、、、😭


だから、

誰かのその

違いに気付いた時、違いを感じた時、

勇気を持って伝えてみましょう。

勇気を持って教えてみましょう。


それは

お互いのためになります。

自分のためになります。



大丈夫。
時に間違っていても
それすらも直していける、直し合っていける。


伝えることで自分も相手も、世界がプラスに変わっていく。


間違ったままに
誰にも気付いてもらえぬまま、教えてもらえぬまま、
先生をやり続けてる人だって
たくさん居るのだから、、、



…あぁ、それも切ないぜ、、、😱😱😱




今、自分が学んでいる全ては
今でも、いつの日にかでも、
きっと誰かのためにもなる。




学び合うって…

そういうことですよね👍👍👍





はい!ここで私の学習のご紹介です。
たったのワンコイン以下です✨
きっと世の中で 一番安い英語学習教材!?!?
(あ、私に紹介料なんぞ、入りませんよw
なんと言っても500円以下なんですから🤣)

ネイティブの真似 を楽しむ

~ネイティブを真似るだけで英語は学べる~
子供が大人を真似て言葉を覚えるように
ただただ真似るだけ。
これだけで、私今の発音、今の英語力です☆

日本語感覚で "組み立てる不自然英語" じゃなく
ネイティブの会話をそのままに話せるように。

教材用録音では無く、
実際のリアルなネイティブ会話録音を
そのまま真似て
オンライン上で疑似会話し合い学び合い。
私がやってることの詳細はこちら。

 

様子はこんな↓感じ😜スマホからでも、PCからでも👍

タイトルとURLをコピーしました