彼女の場合☆

Teki-nai的な。

★このブログは約4分で読めます。★

昨日のブログでは↓

色んな人、男女の場合の
Thank you をお伝えしつつ、


その、
息を吐きながら言う…ことの
難しさについて書いてみました。


思いのほか、好評?(笑)だった中で、

私は『ローマの休日』
オードリー・ヘップバーンの
Thank you が好き☆


…っていう御意見ございまして。


確かに、ちょっと特徴ある、
可愛らしい Thank you を彼女は
その作品の中に残していってくれました。



んっと、、、
オードリーもローマの休日も知らない…と言う…
学生さんも読者様にはいらっしゃるでしょうね。
🤔


それは
素敵な大女優さんで、、、
それはそれは
美しさと可愛さを兼ね備えた人で、

Thank you の台詞一つ取っても
今も誰かの心に残っている…そんな女優の一人です。

亡くなってもう25年以上、
でも…今生きていたら…90歳なので
そんなに大昔の人じゃないですから、

ご興味持たれた若い方や、
昔の洋画も観てみよう!なんて思った方は

まずは彼女の映画から…というのは
ベストチョイスだと思います☆




さてさて、
じゃ~その、
特徴ある
「Thank you」って???


…ですよね😊



じゃ、聞いてみてください🙋‍♂️

キュッ↑ って
ちょっと上げる感じのアクセントで


ちょっと気だるい感じとか、
可愛らしさを演じているわけですね。


こんなだったり…↓



こんなだったり↓

キュッ って上げる感じのアクセントが
印象に残りますが…



でも、
全部が全部じゃないんです。




Thank you 一つ取っても
アクセントを置く場所によって

様々な感情を
英語に乗せられることを
彼女が教えてくれているかのようですね。

超名作ですが、
これから観てみよう!の人の為にも

あまり多くを語って
ネタバレしてもいけませんが、、、




彼女はそのようにして
役柄上、


自分をさらけ出したお芝居…と、


ビシッと立場や身分を
わきまえたお芝居




使い分ける必要があったので

強く意思を表示するシーンで
使い分けたり…

↑人前、公の場…というシーンでは

キュッ っていう上げ方は
していなかったりします。




これがまた…ね、

このアクセントの場所が
変わっているところがね、


胸がキュッ ってなったりするところなわけです。
🤣

きっともっと、
Thank you 以外にも


そのシーンに応じて、

英語の
アクセントを使い分けているところとか

聞き取れてわかったなら、、、

素敵ですよね🤩




というわけで、


今日は
同じ人で様々
Thank you を聞いてもらいました。


いかがでしたか??


作品を知っている方には
思い出されるシーンはあったでしょうか??



なんかちょっと、
英語の音について…って、

マニアックなような?

そんな感じに思われる……かもですが、



英語の音の
細かい部分を
意識を集中して

聞いてみる



これの
重要性
その楽しさ


ブログを通して
伝わったらいいなぁ~なんて

偉そうに思います(笑)
😅💦




ただただ
僕が今、
そうして楽しんで英語を
やっているので🙌✨



アクセントを置く場所で
感情を変えて
色んな表現出来るんだな~って

すごく良くわかりましたよね🎉


Thank you オードリー🥰



そんな
『ローマの休日』

彼女が演じる役の
英語のセリフ回し、
アクセントや話し方が
どんな風に変わっているのか!?

…に
聴力を集中して
再度観るのも良し、



ただただ、
麗しきオードリー・ヘプバーンを
観るのも良し、




そして、そして、、、


セェ~ンキュッ探し

するも良し、(笑)


お楽しみあれ~🙋‍♂️🖐




タイトルとURLをコピーしました