…息が足りないようだ、今よりもっともっと…

Teki-nai的な。

★このブログは約2分で読めます。★

私、一緒に練習する学生の皆様に、、、

Teki- nai
Teki- nai

息を吐きながら~、

発声する感じで~、

そこが日本語と~、

だいぶ違いますよ~

って。



だから、

息を吐きながら~言ってみましょ~」って。



良~く言ってるのですけれど……ね。。。




先日、洋ドラマ観てた時に…

こんなシーンがあって、、、


めちゃくちゃ息吐きながら…喋るのねぇ…って

改めて思って、、、

これ…こんなセリフなんですけれど、、、

You think just ‘cause they had a little weenie roast that you’ve got all this on lock?
When it finally goes to shit… And it will…
You make sure you come back and you tell me all about that day, too.



息の漏れ方、吐き方…が
半端無い感じでしたでしょ??

子音での、
息を吐いてる感ばっかり…なんだもの。


あの感じで…このセリフ真似ようとしてみると……

Teki- nai
Teki- nai

えぇぇ~……

めっちゃ息、
必要なんですけど😤

って、思ったのです、ハイ。
(良かったら、再度英文観ながら…なんとなくでも
真似てみてください。あんなに吐いての発声は息がシンドい…)




いや、言えますよ?
まぁ、なんか頑張ってる感…出せばw 言えるんですけれども、
それはやっぱり違うじゃないですか。


そんな呼吸に余裕が無く喋るの、とても不自然。。。


ネイティブの方は
あの感じを自然にやってらっしゃるわけですから、
ポイントはそこ…なわけですよ。





ん~………

改めて、、、


もっと、
息を上手く使わないとダメだなぁ…って思いました。
(※ドラマ観ると、そんなことばっかり気になる…)


つまりは
あんな風に吐きながら発話する為には
まず、
吸う量が足りないし、
吸うタイミングも良く分かってないんだな、まだ(笑)



もっともっと、
息を多く使って発話する練習をしよ~っと。


おし~まい🙇‍♂️






タイトルとURLをコピーしました