最初のポイント。#12 -その2-

Teki-nai的な。

★このブログは約4分で読めます。★

さて本日、
#12について…ですが




そこ!?」ってとこ書くので、



その前に
書いておこうかと思うのですが、



どこまで真似るか?

…的なことで




立ち止まったり、戸惑ったり、

あるいは適当だったり、

不満だったり(笑)、





まぁこれ、

人それぞれの考え方とか
価値観、性格…とかで

色々とあると思うのですよ😂







で、
私のやってきた上での意見…としたら



どこまでも真似ろ。



…なんですね。








えぇ、わかるんです、その…

別に、その特定の話者に
なりたいわけじゃないし、
近づきたいわけでもないから、
そこまで、必要???

のご意見。





英語を覚える。
話せる英単語、英語フレーズを増やす。

…的な考えが強い方は

特に

どこまでも真似??

は?意味わからん…

…だと思うのです。





その感覚でこの…

ネイティブのリアル会話録音を
真似て覚えよう!


……の人って


多分…一定数居る&生まれてる
と思うのですが、


それ、
まぁ当然そうなのですけれども、


私の感覚としたら、、、


それが先行して進んでいく

損すると思っています。






英語の音の中にある、
特徴
(リズム、アクセント、抑揚……)

を、


話せるか…と
聞けるか…の

スキルアップがされないと



いっぱい
英単語やフレーズ覚えたって



話せないし聞けないし…からは
抜けられないので

損すると思ってます。




すごく単純な例だと…

I can …
I can’t…

これの言い分け、聞き分け、

わかります?出来ます??

これ、
結構難しい…じゃないですか。

これが、
速い会話の中に入ってきた時は特に。


ネイティブだって
聞き間違えて すれ違いがあるほど
…のようですから。



こんな簡単な
文、フレーズ、英単語、、、


これ、

どこにアクセント入れて話すべきで…
どこにアクセントを感じて聞くべきで…


みたいなのってのは、




ルール的なこととか、
技術的なこととか、

どこをどうする…みたいなことで学ぶ…



なんかよりも!!



ネイティブ真似たら
感覚でわかるやつ


…なんですよね。




繰り返しますけど、

ルール的、技術的に、

ここにアクセントを…とか、
この場合、こうする…とか、

そういうの頭で覚える…とかじゃなくって、



ネイティブ真似ていたら、
ドンドン身体が覚えていく
…んですよ。




だから、

真似る

…って言ったら、

ただ素直に
ただ純粋に
どこまでも真似る。




…をしていた方が、

身体が覚えていくから


その
感覚を覚えた身体…に

英単語、フレーズを覚えさせた方が

得するって思うのです。

はい、
じゃ本題の(笑)
#12に入りましょwww




はい、
いっちばん最初のこれね。

「ケンタロー」










……日本語名じゃねーかっ!

…ってなるでしょう??😅




でも私は、
この「ケンタロー」の

リズム、アクセント…を

いっぱい聞いて
ちゃんと真似よう
としたわけです。






だってだって、

ネイティブアメリカンが

こういう音の流れの
「ケンタロー」に

なっちゃうわけですよ。


なっちゃってるわけですよ。



じゃ、
その感覚を
真似て感じちゃえ

話早い…ってことだと

私は思うのです。





はい、
ここでね…


いや、
そこまで!?
それは別に…
どうでも良いでしょ??

…な方は、

今日の長い前置きwが
あまり響かない人だと思うので

我が道を進んでください🙇‍♂️






私がこの、

ネイティブリアル会話の

完真似、完コピ学習の中で




大きく学び得ていることは




真似てる内容…よりも、





真似るスキル




なので、




これをガッツリ手に入れたなら、

触れる英語を
端から真似て吸収出来る
…はずなので



後から
ポンポコw 覚えていける…って計画(笑)

ですから、



私が言う、

どこまでも真似る

に含んでいる
考えとか、価値観とか、思いとか…は

そんな感じです😘




まぁ基本…
英語に含む特徴を
真似られたら、それで良いわけで…

話者の個性までも
真似する必要性は無い…とは思うのですけれど、



「個性すら真似てやろう!」

ぐらいでやって

ちょうど良いって思ってるわけです。




真似るって、
思う以上に「出来ない、出来てない」ものですよ。

だから、
自分自身がちょっと「過剰、行き過ぎ」ぐらいに
思っていても、

そんな真似られてなかったりするものです。




個性すらもバッチリ…

真似るスキル上がったら…


そりゃ~すごいですよ(笑)

…と言うことで、

#12
最初のポイントは


ネイティブ発音の
「ケンタロー」


の真似でした。😍




はい!ここで私の学習のご紹介です。
たったのワンコイン以下です✨
きっと世の中で 一番安い英語学習教材!?!?
(あ、私に紹介料なんぞ、入りませんよw
なんと言っても500円以下なんですから🤣)

ネイティブの真似 を楽しむ

~ネイティブを真似るだけで英語は学べる~
子供が大人を真似て言葉を覚えるように
ただただ真似るだけ。
これだけで、私今の発音、今の英語力です☆

日本語感覚で "組み立てる不自然英語" じゃなく
ネイティブの会話をそのままに話せるように。

教材用録音では無く、
実際のリアルなネイティブ会話録音を
そのまま真似て
オンライン上で疑似会話し合い学び合い。
私がやってることの詳細はこちら。

 

様子はこんな↓感じ😜スマホからでも、PCからでも👍

タイトルとURLをコピーしました