ハローとHello、ハイとHi☆ Hについて 1

Teki-nai的な。

★このブログは約4分で読めます。★

原点回帰…なんてのは
良く聞きますけれども、


色々と
英語を学んでいって

発音したりしているうちに…


最初は、


あまり気に留めていなかったような、
当たり前過ぎて、スルーしてたような、



原点とも言うべき?(笑)

Hello

Hi


これ……なにげに難しいよなぁ…って思う、
今日このごろ。





まず、Hの…発音……っていうよりも
発声、、、

これを

気付くか
感じられるか
違いがわかるか
理解できるか
体感できるか

…とか、

こんな感じのことを

Hの発声の中に
思うか思わないか……が、


私の場合…なのですが、

最近すごく大きなポイントだったりして。



はぁ??
何言ってるの??
意味わからんよ、、、??

🤔😤🥴


っていう方は

全然今、それで良いと思うのです。


私も最初の時って、そんな感じだったと思うので…。
😅



こう……
英語をやり進める中で…ですね、


この…

ネイティブの言うHello と…


今、みなさん真似して言ってみた Hello…

↑これらと

同じ…って思えますか??

違う…って感じますか??


まず、どこが
違うのか違わないのか、

そんなこと意識してみたこと、
ありますか??



この…

ネイティブの言うHi…と


また、さっきと同じように今、真似してみた Hi…

↑これらと

同じなのか、同じじゃないのか。

違っているのか、違わないのか。

違うのならば、どこが違うのか。



ここで、

注意を向ける意識が変わった時、

聴覚を鋭く、鋭敏にさせるように

集中して聞く意識が変わった時、


初めて感じることって
本当はたくさんあるんだと思うんですよね。





五感を研ぎ澄ます



これ、
普段の生活の中で

注意して、集中して、感覚を研ぎ澄ます…

なんて
意外とやらずに過ごしてしまうから、


自分が鈍感なのかどうか…すらわからない…

って思いません???



スポーツ選手や、音楽家、料理人、研究者…
そんな職人的な人……以外って

意外と自分の感覚を、
おろそかにしちゃっているかも??



あ!あの、
芸能人格付チェック」って
ダウンタウンの浜ちゃん司会の番組あるじゃないですか、

芸能人が、色んな物の
高級品と安物の違いを、五感で見分けられるか??的な。

あれ、
この前も音楽特集でやってて
チラッと観まして、

高級楽器とプラスチック製楽器の違い…とかの
聴き比べ…とかでしたけれど、、、


聴覚、聴力…もそうですけれど、

まーずやっぱり、
本物の音色を聴いた経験、知っているかどうか、

これ、
ポイントじゃないかなぁ~なんて思いましたねぇ。




あ、話ズレた(笑)

えっと、、、

なんとなく見てるもの。
なんとなく聞いているもの。
なんとなく触れているもの。
なんとなく匂っているもの。
なんとなく味わっているもの。

特に今って、
便利な世の中だからこそ、

鈍ってしまう、人間としての感覚って

実は結構あるんじゃないかなぁ…なんて

思ったりするのです。




ネイティブのHello Hi と
自分の発話にある違い、、、


これを感じるってのは、


それって
例えば、、、
外国人が日本語を覚える時に、、、、

箸と橋…と端??
発音ちがうの??
微妙過ぎて、ワカラナイヨ!

でも、どれも「ハシ」でしょ?

おばさん?おばあさん??
どっち言ってるのか
良く聞き取れないよ!

でもまぁ、
微妙な違い…わからなくても、
私、外国人だから理解されるでしょ??

…ってのと一緒で


やっぱりこんな感じに適当にしてしまうと

ちょっと、残念だなぁ…って

思っちゃうところだと思うんです。



自分達の母語、日本語の中にも
微妙な違いの言葉って
めちゃくちゃある。



その、微妙な違いを
使い分けられているからこそ、

会話は楽しく美しく、

それでこそ、日本語…なわけで。




だから、

適当にするんじゃなくって


五感を大事に、聴覚を大事に、
言語の音に意識を向けて、




そして、やっぱり
まず、本物の英語をきちんと聞いて、


その上で


英語の音の微妙なところ、

日本語と英語との
違いに意識を向ける

ここから、
色んなことが始まっていく…って思うのです。


HelloHi …これ、

すごくすごーく、

カタカナのハローハイ とは違うので

みなさんも是非、
そこに
意識を向けられる……ことから、


何かを感じてみませんか??
😘


…明日につづく、、、



タイトルとURLをコピーしました