英才教育…受けていました、あなた。

Teki-nai的な。

★このブログは約2分で読めます。★

小さい頃から…
ピアノのお稽古を
休まず、休まず…
1日◯時間は、、、。




小さい頃から…
ヴァイオリンのレッスンを
休まず、休まず…
1日◯時間は、、、。


こういうの
英才教育って感じですよねぇ…




そういう感じでやってきてる人には、


私みたいな凡人が
クラシックを聴く時には感じられない…


様々な音達や、リズム、強弱、抑揚、指使い…


こういう細かい色んなことが
わかるんでしょうなぁ~、、、、







みたいなことですよ、
言語。🤣




私達は
毎日毎日、

起きてすぐから、寝る直前まで

何時間、日本語

聞いて聞いて
喋って喋って


きたのか~ってことで。



言わば、
日本語の英才教育を受けてきた…ってことで、
構わないですよね?



そのぐらいに言語音の中に身を置いて、

音を感じ続けて
音の中に居て
音を真似続ける中で


そうして初めて感じられることは
たくさんあるはずですよね。





ピアニストだから分かること、分かる音、

ヴァイオリニストだから分かること、分かる音、

その努力の上で
やっている人だけが分かること。



英語をやっているから…
だから分かること、分かる音。







さ、
英語の中に身を置きましょ~👍


置けます、置けます、日本に居たって。

身を置こう!」って思った人から

始まっていけます👍



それは、
圧倒的に足りない……ことを知った人から。🙆‍♂️





タイトルとURLをコピーしました