英語を感覚でつかむ…ということ

Teki-nai的な。

★このブログは約2分で読めます。★

単純に

日本語と英語を比較した時に…



日本語の方が
力も入れてるし、あと…言葉数も多くなる気がするし、
なんかこう…小難しく長く話すことでマウントを取る価値観…が
存在している気がして…w


で、
英語の方は
力も抜いてるし、言葉数も少なく簡潔さを求めてる気がする…
シンプルに分かりやすく話すことがベスト…な価値観。


↑こういう感じ、感覚…って
最初の頃、
全然良く分かってなかったなぁ、、、




だから…

面倒臭いw方って

断然、日本語の方だと思うのですよね。




ネイティブのリアル会話を
何度も真似て話して…

それを繰り返している中で、

まず、思うのは

いかに力を抜くか…で、

どこに力が入ってるか探しw…みたいに、

日本語で慣れちゃった力…が抜けないばっかりに
変な発音しか出せない…のが、


だんだん、力の抜き方が分かってきて…
力の抜き方探し…みたいに


未だにやってる気がしています。




覚えて慣れた英語を
話せば話すほどに、それが見えてきて…

で、
それを新しく出会う英語に
使っていく…ようなイメージ。




やっぱりとにかく、
毎日喋らないと…ダメみたい…です。

少なくとも、私は🤣



毎日毎日…

Teki- nai
Teki- nai

ん~…🤔

…ってしています。



きっと多分、

例えば…
日本人が、日本語で思うままを英語に変換して…話そうとして…
長ったらしい英語を喋っちゃうような感じの時に、

違和感を覚える…

そんな風には
必然的になっていくんじゃないかなぁ…って
思ったりしています。



感覚でつかもうとしてるから…
感覚的にしか伝えられない感じですけれど…




でも多分、

その「感覚でつかもう感」

これが
何気に一番シンプルで簡単なことなのですが…

一番やろうとするのが難しいこと…なのかも???






頭で納得するのって
安心感があるんですよね。

ルールとか、文法とか、
そういう決まりで理解させてもらえたら
なんか安心感が出るんですよね。



でも、
その…欲しがる安心感が…

一番のクセモノであって、

邪魔なもの…なのかも…しれませんから、



是非その、

英語の発音、発声、ルール、文法…などに対しての

頭で納得したいと、決まりで理解したいと、


自分の中から…

湧き上がる心、欲しがる心、


向き合ってみるのは…良いのでは??って

思います😎




タイトルとURLをコピーしました