自分が「小さい」ことなんて、気付かないのが当たり前。

Teki-nai的な。

★このブログは約3分で読めます。★

こんにちは~🖐️

または

こんばんは~🙋‍♂️


で、
いつも
オンラインの英語練習はスタートするのですが、


まぁまぁ、
ちょっと最初にね、


雑談なんかを日本語で
2~3分…長い時は5分…なんて
話したりもしたりして、


皆様のご機嫌を伺っていくわけですけれども、

Teki- nai
Teki- nai

よしっ!
では、
やっていきましょう!

はい!

Teki- nai
Teki- nai

OK!
Hello!

Hello…


……って感じなのは

結構あります(笑)




これがですね、
割と自然に起こっている…というか、

無意識
ちっちゃくなるわけです。




始まるまで、
普通に大きな声のトーンで
日本語で話せていて、

会話も出来ていて……


で、英語スタートで

トーンが落ちるわけです。



最初に日本語で会話をし合えば、

どれだけの声量などが

普通な感じなのかなぁ…ってのは分かってきます。


どれだけ…は、無理せず出せる人なのかも。




まぁ、、、

最初のうちは緊張もありますから、

基本、日本語も小さい感じが多いので

分からないですけれども。。。



数日、何回か、一緒に練習をして
話も多くしていたって、、、
英語で声が大きくなるのは、簡単じゃ~なくって。





でも、
とにかく、やっぱり、
英語は

日本語よりも大きな声

話すことで
見えてくるもの……が
たくさんありますから、




その声の感じを
引っ張り出す(笑)のが

とっても…時間の…日数の…掛かること、なのかも

しれません。


最近、いろーんな人に
こればっかりを
伝えているような気が……しないでもないのですが、




本当に、本当に、

そう簡単には、声って大きくは出ないもので、

ただ「あー!」っていうわけでもなく、

カラオケ歌うわけでもなく、

大きな声で英語を話す。
っていうミッションは

難しいものなのだなぁ…って思います。





きっと私も、、、

最初の頃は苦手だったでしょうし、

確かに一人でスマホに録音をし始めた時の…

あの、「気恥ずかしさ」は忘れません(笑)




皆様、本当に慣れ…ですよ。
それも、いきなりパッとすぐには慣れません。

赤の他人と、ネット上で喋る……なんてのは

まず、日本語でだって萎縮するのです。




その先
英語の発音が、
ゆったりとした声量と、呼吸量
出来るようになっていきますから、



時間を掛けて、日数を掛けて、
知らない自分に出会うつもりで……

やっていきましょ~🌋




……この、また…ね、
呼吸量を増やす…ってのが、、、
ガチ難関!!😱🤩😱🤩




そんな感じで、

数日経って、最初と比較……した時に
初めて分かる!…ほどに、

みんな変化するのですから🙌


おし~まい🙇‍♂️






タイトルとURLをコピーしました