英語学習はやっぱり、孤独は向いていない…はず。

Teki-nai的な。

★このブログは約2分で読めます。★

一人でも続く人と、

チームでは続く人が居て、


どっちが良い…そんなことはどうでも良くて、

ただ、続けばいい。




独学で続く人と

学校や教室に通って続く人が居て、


どっちが良い…そんなことはどうでも良くて、

ただ、続けばいい。


……のだけど、




学習でもトレーニングでも、
なぜか、どこかに、昔から…
一人で黙々とやるもの」みたいなのが
あったような気がするけれど、

今の時代はだいぶ違って、
SNSで繋がり合ってやっていたり、
グループ習慣化アプリ…なんてのも人気だったりして、



私は昭和の人間なので?(笑)、
実はあまり誰かと組んで目指すのは得意ではなく、
個人でコツコツ…みたいな感覚が…
きっとどこかにあるんじゃないかなぁと思うのだけれど、


多分本当は、
みんなで目指していく方がいいんだと思う。



実際に、
このブログを継続していることだって、
誰にも見られない個人の日記では無いし、

読者の方が居ることを知って、それを感じることも出来て、
読み手の人と一緒になって
英語を努力していたり、
英語に興味がある人と繋がったり、共有したりして、

進んでいるわけだから、
一人でコツコツと書いている…ようで、違うわけで。




でも、この……英語に関して言うと
恥ずかしい
どうしても引き連れてしまう科目なので、


個人で学んだり、個人でやろうとしたり、
コッソリやろうとしたり、バレずにやろうとしたり、

なんかこう、
1人…独り…での学習に
つい行きがち……な分野に属するやつじゃないかい??って思ったりする。


ご多分に漏れず、
私自身だって、独りでコッソリ始めている🤣





この、英語を…

チームで学習する…という感覚。

みんなで学習していく…という感覚。


これがもっと…
上手く広まる…と言うか、
スタンダードな基本的なものとなって、

浸透していったら良いのになぁって思うのですが、

やっぱりそこにあるのは…、
大きな障壁は発音…なんだろうなぁ…




同調圧力の日本、、、


発音が突出して上手い人の方が…
逆に恥ずかしくなってしまうような学習環境……

帰国子女とか、発音が上手い生徒を
嫌悪する英語の先生…意外と多いって聞いたなぁ…😡




そういうの、ドンドン無くなって…



みんなが普通に、

みんなで英語を学んで進む…




日本になったら良いのになぁ~、、、って


思ってみたのでした、おし~まい🙇‍♂️





タイトルとURLをコピーしました