Before and After (4)

Teki-nai的な。

★このブログは約2分で読めます。★

さてさて、今日は、、、↓

この、彼が言っているところ。


彼が
どのように聞こえていて、

そして
どのように変化したか…を

盗み聞き(笑)していきましょ~👂‍‍

はい。彼はそう感じて、そう聞こえているわけです。

さて、、、皆様には???





そして、、、
私は「答えを言う」……わけではありません。

大事なのは、
彼自身が感じ取ること……これです👍

とは言え、
今、聞こえて感じているもの……を、
違う感じに聞くためには、、、

なにかヒント、アドバイスがあると
良いですよね☆



…ということで、
とにかく、、、
「最後の音」
そして「頭にあるものを捨ててもらう」ことに☆


すると、、、

はい☆ ここが彼が変化出来たポイントですね。



そこに気付けた彼は、、、もう大丈夫です☆




彼の頭の中に…フランスがいるもので、、、

だから、
そう聞こえちゃうのですよ。

不思議でしょ??でも、そうなんです。

待っちゃうんですよ、その音を。


「英語が聞けない、聞き取れない。」……ってのに、
それがあります。

カタカナ英語…な音、感じ、が
自分の記憶にあるばっかりに
その音が来るのを待っていますから、

ネイティブの、本場の音が来た時に

!?!?
君、知らないんだけど!

って、なっちゃうわけですね。



自分の記憶に、ネイティブの音が無いわけです。



さっきの彼みたいに、
音はちゃんと「French」な音なのに、
フランス」を待っちゃってるし、

そのネイティブの音の記憶が無いから、


だから聞こえないのです。




そういうこと……なのですよ、はい。




だから、
カタカナ英語でも通じる」なんて言ってたりしますけれど、

もし伝わった…としても、
それだと聞けないからね!😡…です。




さて、彼の
before and after は、、、

こんな感じとなりました。



ちなみに彼は
音だけで聞き取るセンス、レベルの高い方の方だと
一緒に練習をしてて感じています。

そんな彼でも、
音を聞き取る…が出来ず、「音を認知、認識する」で戸惑う。


つまり、
音をつかむのに、記憶がポイントになるわけです。



そんなわけで、

「French」を「フランス」に感じて聞いてしまうところ、
盗み聞きしてもらいました…とさw


おし~まい🙇‍♂️







タイトルとURLをコピーしました