基礎発音力

Teki-nai的な。

★このブログは約3分で読めます。★

自分の英語の発音のレベル…と

英語の聴き取りレベルは


ある程度は比例する…とは思いますよね??




でも!




昨日のブログでも書きましたが、

※これとかも、同じかな。

※余裕ある方は、↑読んでから
下記お進みください☆






聴き取って認識出来る音ってのは

その言葉の音自体の
記憶があるかどうか
……でもあるのですよね。




わかりやすい例は
おざぁーすっ!」って感じで言ってても、
実際に途中の音自体が無くても


おはようございますっ!」って
認識出来る
(その音の記憶がある)


まぁ、こんなことです。






で、今日の本題です。





長年、
日本に住んでいたり…
日本語をずっと話している…

外国人の方で


メチャクチャ日本人並みに話せるけど、
発音が、ちょいちょい変
…な人、


いらっしゃいますよね。




これはもう、
自分の発音のレベル…とか、
自分の発音状態に対して

意識が向かなくなっちゃって

でも、聴き取る方の
意識と、音の記憶は増えていったので

自分の発音はおかしいけれど
聴き取りが出来る…

みたいな感じだと思うのですよね。




で、
間違いなく同じこと
英語を覚える側にも
それは起こるわけです。






長年、
アメリカやイギリス、オーストラリア…など
英語圏に住んでいた、
英語をずっと使っている、


でも、
発音が、ちょいちょい変
…な人は

大勢いるわけなのです。





で、
ここで2派wに分かれるわけです。

1.発音よりも、まずとにかく話すことが大事だ。
(そこそこの発音でも理解されるから、覚えて話していこう。)

2.伝わり、かつキレイな発音を身に着けたいのだ。

(発音が良くないと伝わらないのだから、そこは大切にしたい。)



↑まぁ、これはもう
人それぞれ価値観ありますから、

1派の人で
それによって学習方法とか内容、ペースなど
変わるのも分かるし、

1派の人で
発音ビビリ過ぎて
まず話していけないことが問題だぁ~的な意見も
もちろんです、聞きましょう。





で、ワタシ的には…



これから
英語学習を始めていく人

これから
英語のネイティブ完真似、完コピ学習
を始めていく人


には、




最初の段階では
とにかく音にこだわってガッツリ真似る
出来る限り細部まで聴いて真似る努力をする



…をオススメします。






私が今やっている学習では
#01~10ぐらいまで。

1分ぐらいのリアルネイティブの会話、
10パターンぐらいまで。


…を、
とにかく
ちゃんと真似る。





つまり
重要なのは

単語だけの発音はキレイ…でも~
文章になると、会話になると、

…にならないような

基礎発音力をつけることで





その後、
ネイティブの音を真似る
速度と精度



これ、全然違ってくるのを

今自分自身と
一緒にやってる学習仲間で

体感中です。





英語の発音…に関して、
ネット上を検索しますと……

後々に苦しんでいる
…の書き込みとか
結構見れます。




他には

伝わり、上手くなっている…って思ってるけれど、
実は相手が聴き取る努力をしてくれてるだけの人…とか、

早口と流暢の違い…が分からなくなってて、
実は相手が聴き取る努力をしてくれてるだけの人…とか、

まぁ、色々といらっしゃるようです。






基礎、発音力なので

ホント、最初の基本…だと思いますし、

最初にガッツリ意識を向けておけば

後々、苦労は減ります。






とにかく
次から次へと覚えたい!
伝わらないと意味がない!
伝える言葉を覚えたい!





めーちゃーくーちゃー
気持ち、わかります。





なんでもそうです。

スポーツとかでもそうでしょう??

基本のこと、基礎的なことの繰り返しは

ダルいです。

で、
ダルいのもあるから

1派の気持ちが躍進するのも分かります。





ただ
英語は技術、スキルです。

そして
真似る技術、スキルがあります。



英語の音への探究心は後のあなたを救います。






是非、

これから英語を覚えていく人、
これからネイティブの真似を始める人、

あと、
自分の英語発音を直したい人、


…には、



この
基礎発音力
…的な
今日書いたこと



最近すごく感じるので

届けたい、😘

(んで、発音に自信がついたら
結局ガンガン会話も行けるってなもんさ👍www)



タイトルとURLをコピーしました