英語の発音を…直す時、直さない時の判断とその考え。

Teki-nai的な。

★このブログは約3分で読めます。★

英語の発音が出来る。
英語の発音が変わる

英語の発音が分かる。
英語の発音が聞ける




英語が楽しくなる。
英語が好きになる。

これ、まず
鉄板ネタ…と言うか(笑)、

当然のことであって、
体感するとなおさら…だと思うわけです。



だから、
学生の皆さん、みんな続くし、
もっと練習したくなる…のだと思うわけです。



まずはとにかく、
英語学習の継続」これですから、
私と一緒にやる中で
「いつも楽しい。やる度楽しい。またやりたい。」
…じゃないとヤバイじゃん、続かないじゃん…😨

…を当然のように意識はするわけです。


そうでないとまず、
私が楽しくない😜(笑)







で!!
ここからは真面目なお話。


おかげさまで、
一緒に練習すると
発音が変わっていっていただける…と
ご評価いただき、
サポートやアドバイスなどを
させていただいてるわけなのですが、、、



じゃ、
とにかく片っ端から…

ここ、そこ、あそこ、、、して良いのか?って話で。




言えば簡単。
それで直る、変わる……わけです。
でも、
それを極力しない努力…が必要だと思うわけです。

言うのは簡単。
そしてラクでもあります。
伝える、教える…もラクが出来る。




ラクが出来て、発音も発声も変わってくれるわけだから、
良いことしか…ないんじゃない?」なんて
思いそうですが、

それはきっと、総合的には
子供さん達、生徒さん達のためにはならない…と思うわけです。



自分で音に気付く力。
自分で音を感じる力。
自分で音を変えていける力。
自分で音を作れる力。


こういうものを、
育てて、磨いて、いただかないといけないわけで。




だから、
答えをすぐに伝えて、
私も学生さんもラクをしたら…
やっぱり良くないと思うわけです。




だから、練習時に
たくさんネイティブの音声を流しては
自分で気付くラインまで…繰り返します。

可能な限り、繰り返します。
時にサポートは入れながらも、
たくさん聴いてもらって、たくさん間違えてもらって。




そして、その
繰り返しネイティブの音を聴く学習方法」を覚えてもらって、

自分一人で学ぶ時に、
同じようにしてもらう為に。




大切なのはその、
自分一人で学ぶ時。

英語はその時にこそ、伸びていくものです。




だから、
私との練習とか、学校とかに行ったりして…
それで「やった感」になったら、絶対にいけない。


そして、
発音とかを他人に指摘されて、直されて…
それで
直った感」になっても、絶対にいけない。



自分で
「この発音、正しい。」
「今の発音、違う。」って
判断出来ないといけない。





だから、
安易に、簡単に、
伝える側、サポートする側も、
ラクを選んじゃダメ………だと思うわけです。


言うの、指摘するのって
ホントに楽で簡単で、
また、「つい言いたくなる」ものですよね🤣(笑)





とは言え🤣、

人って……何も指摘が無い、教えが無い…と

「何にもしてもらってない。」
「何にも変えてくれない。」

イコール
退屈、不満、不安、つまらない……

になるものですよね😅💦




面白いもので、
自由にやるよりも
ガシガシ指摘、指導をされた方が
満足度が高かったり…もするわけです(笑)




だから…
意外と有資格者とかの、
ガッツリ発音矯正教室……な~んてのは
ただただガシガシ指摘されて…
指導通りに直して「わーい☆」…みたいな、

一見、良さそうで実は……?は多いのかも??🤔
ガッツリお金を取ってる以上、
満足度上げないと……に走りがちwでしょうからね。



なんか、
カウンセラーとか、
~ピスト…な人ってのは
有名資格者、有名学校、有名教室出の人よりも、

個人的な人の方が
実は丁寧度も質も高い…?なんてこと、聞いたことありますね(笑)


チャチャッと短時間だけで
そんなに改善せず…で
高い料金払って……でも、
なんか、ネームバリューにお金払って
なんとなくの満足度アップ……みたいなのは
良くある話ですよね。



なんでもねぇ、
ビジネス、ビジネスしてくると…ねぇ。。。😣


あ、話ズレた。(笑)
閑話休題☆




なのでね、
そんな 直す、直さない…のバランスを上手く取りながら、

楽しい練習をしていけたらなぁ~…と思います。🤗





タイトルとURLをコピーしました