上がったり下がったり、強くしたり弱くしたり。英語学習を始める前に知っておきたいことの一つ☆

Teki-nai的な。

★このブログは約3分で読めます。★

どうもどうも、
パニック中のw Teki-nai です。

ん?
何パニックかって???



……あなたは最近のブログを
読んでない方だっ!
😡

これでも読んでおきたまえっw


さ!
今日は何を書こうかな、、、🤩



ここ数日は
英語の発音、発声の…

リズム、抑揚、強弱、アクセント……

みたいなことを書いてましたけれど、



思うに🤔。


まず、
声の大きさ、声量が十分じゃないと
その幅…領域…って
広く取れないですよね。




ん~…つまりは、、、

100声出せる人が居るとして、

そしたら、
50にしたり、 10にしたり、 90にしたり…

ま、
上がったり下がったり、
強くしたり弱くしたり、

これってのが
分かりやすく出来ますよね。



でも、
やっぱり声が20しか出てなかったら…

幅、領域が狭いから…


上がったのか?下がったのか?
強いのか?弱いのか?



あんまり良くわからない…はずですよね。


だから、
ボソボソって喋っちゃう人…は

英語を話す時に

いきなり難しい状態からのスタート…みたいに
なっちゃうはずなんです。


ただでさえ、
日本人はボソボソ喋るって言われちゃってるわけですから

そのボソボソの中で
リズム、抑揚、強弱、アクセント、、、みたいなのってのは


本当に
分かりづらいはずなのですよね。





……と
ここまで書いてみて。



まぁ、こうやって書いたものを見たら

「そりゃそうだ。」
「当たり前な話じゃない?」

だと思うのですが、




じゃ、
実際に…

「英語がちっとも伝わらない。」

「なぜ、伝わらないか良くわからない。」

「リズムやアクセントや抑揚とかも
意識してるし、やってるのに…」


…↑な人の原因が
声が小さいから
……ってのを


どれだけの人が分かって
教えたり伝えたり出来るのか…って思いません??




だって、
日本人同士だと
その声の大きさでコミュニケーション取れちゃってるから
意外とその声の小ささが原因って
気付かないような気もするんですよね。




外国人の人が

あなたはまず、
声が小さくて
何言ってるかが
わからないんだよ…

って言ってくれるなら良いですよね。



でも、
そんな機会が無いままに
英語の学習は進めてきたわけ…じゃないですか、
どちらかと言えば、割と大勢の人って。



だから、
声量、声の大きさが小さいまんまで
発音とか諸々を学んできたばっかりに、


いざ本番!…ってなったり、
いざ留学!いざ移住、渡米!…なんてなってから…

「な、な、なんで…?
バッチリ勉強したのに…😨」



これ……
めっちゃ悲しくないですか???




なのでなので、

英語学習…を始める前の準備の一つとして


声を大きくする意識持って
か~ら~の~



幅を広げて、領域を広げて
か~ら~の~



リズム、抑揚、強弱、アクセント、、、、
などなど



手にするようにしていく。

これですね🙌👍




タイトルとURLをコピーしました