アクティブ・ラーニング

Teki-nai的な。

★このブログは約3分で読めます。★

授業を受ける。


義務教育で、義務…として、
致し方なく、学ば…させられる、、、


学校に…行かなくちゃいけない。
授業を…受けなくちゃいけない。


こういう、
ちょっと強制…の感覚?を

少なからず感じて生きるが故に



私達はいつの間にか

学びは
誰かに教えてもらうもの。
与えられるものを、受けるもの。


…みたいなイメージに
なっているのかもしれません。


いわゆる受動的な学び…ってやつですね。






でもでも、

歳を重ねて…


「もう一度…
何かを学びたいなぁ…」
って


そう思って学ぶ時、



ようやく私達は

自分達から行動して、

能動的に学習を得ていく…率が

高いように感じます、歳を重ねてみて(笑)



主体的、能動的

アクティブ・ラーニング…ってやつですね。






学び…ってのは、

本来は自分から、学びたくってやりたくって…

得よう得よう、得たい得たい、の思いが

溢れるぐらいにあるものなのだと思います。




さっき、
姪っ子ひーちゃん🧒2歳8ヶ月が

ひーちゃんも
お手伝い

したぁーいぃぃ!

お肉を…

やりたぁいぃぃー!

…と、半べそ😥になるレベルで
キッチンで騒いでいました(笑)

ママ&ババは
ちょっと…どっか行っててくれぇ~
的でしたけどw



女の子の、
お手伝いしたいしたい」…で、

ぶっちゃけちょっと邪魔』…は、

あるあるですよね(笑)
🧒💦





でも、
あの時の子供の感情は

まさに
学びたい学びたい」全開ですよね。


大きくなって…

頼むから、
料理の手伝いを
やらせてくれぇぇー!
」なんて

泣くほど
願わないでしょ??(笑)




だから、
子供の時には…


手伝いたい、手伝いたい。
学びたい、学びたい、
話したい、話したい。
書きたい、書きたい。
読みたい、読みたい。


やりたい、やりたい。


そういう思いが💕溢れている…けれど、


いつの間にかそれが

変化していって…



さらに学校システムに混じっていく中で

義務的な感じに変わってしまう率…が

高くなるのでしょうねぇ。




一部の子供達…は、

学びたい…を上手く伸ばしていって

能動的な感覚を捨てずに成長しているでしょうけれど、


なっかなか、
難しいのかなぁ…とも思いますよね。





つい先日、こんな記事もありました。

6歳の女の子、英検準2級に合格 英語での面接もクリア



すごいですよねぇ…😲

途中、「やめたい」もあったようですが
お母さんの良いサポートもあって…

良い成長をされているみたいですねぇ。




こういう子が
もっともっと増えるような、

そんな学びの新しいカタチが
広がっていったら良いですね🤩




これから、
アクティブ・ラーニング

ドンドンと取り入れられて…

学校改革、
教育改革、


…は
進められていくのだと思いますし、




今は、
学ぼうと思えばいくらでも…

ネットを使って…
動画を使って……
もありますし、


主体的、能動的に動きやすく、


時代が

アクティブ・ラーニング標準みたいな

感じにシフトしてますよね。




私もさっきの彼女に負けない…


いや、もうあっさり
負けたなぁ、6歳に、、、(笑)



でもでも、負けじと
英語、学んでいきたいなぁ~って思います🤣





努力して学ぶ…努力して……よりも、

夢中になって学ぶ…夢中になって……



で、
やっていけたらなぁ~って

思う今日このごろ…でした😍

タイトルとURLをコピーしました