オンラインレッスン-ルポ #5

ルポ

★このブログは約2分で読めます。★

某大学に導入されている、
オンライングループレッスン(海外)の体験ルポルタージュです。

各国の生徒が数人集まって受ける授業なので、
尻込みしてしまう学生さん向けに執筆してまして、
某大学内で掲載&資料提供されています。

(今からどこかの会社の、
ネイティブ先生の、オンラインレッスンを受けて
英会話の練習してみたいなぁ…と

お考えの方にも、何かのお役に立てればと思っております。)
※大学掲載時より、一部加筆修正を加えている箇所があります※

Teki- nai
Teki- nai

Lesson内容の選び方

『自分にあった内容はあるかなぁ?』
『都合の良い時間に、なかなか良いのが無い!』
『出来れば、(Beginner)って書いてあるのにしたい。』

…こんな考えの人も多いのでは?

実際のところ、、、

どれでもそんなに、大差無しです(笑)
これは本当に!


考えるべきポイントは、
「その内容に関連する内容や質問を想像して、
答えを用意できるか?思い浮かぶか?
で、
考えた方が良いです。


例えば、
スポーツ系、健康系、だったら
「自分の好きなスポーツ…
健康の為にしてること…」

例えば、
映画、音楽、ゴシップ系、だったら
「好きなアーティスト、映画、エンタメ…」


こういうことが、頭に浮かんで
かつ、その答えを用意できるかどうか…を
ポイントに選んだ方が良いですね。


でも!
綺麗な答えは、出せなくても全然大丈夫!!


スポーツの名前だけ。
飲み物、食べ物の種類だけ。
アーティストの名前だけ。
作品のタイトルだけ。

…こんな感じでもOK!


まず、
ザックリ質問されたことが分かるかどうか。

でも、きっと分かります。
「事前に想定」していれば、絶対聞ける、聞き取れる!

分からなければ、
「ワッツ!?」「ワ、ワンスアゲイン…」ぐらいを
口にすれば

『OH,OK! ゆっくり話すぜ~ or チャット見れるかい?』
ってなりますから。(笑)

答えが何にも無くて、その場で「考える」…は
パニックの元です。

すっごい好きで、いつも見聞きしてるはずの
海外アーティストが居るのに、
「な、なぜ出てこなかった…私…」ってなります。


&頭に浮かんだのが「日本語!」
…で、「え、これ英語でなんだ??」みたいなことも。


Lesson内容は、
関連する何か…が思いつくかどうか。
そして、それを英語で用意しておけるかどうか。
こんな感じで選んでください。


難しそう…なのが、メッチャ楽で
Beginnerってあっても、全然ダメじゃん…も
良くありますから。

ルポ
スポンサーリンク
誰かに見せてくれるなら~
Teki-naiを追いかけるなら~
41の終わりから
タイトルとURLをコピーしました