オンラインレッスン-ルポ #3

ルポ

★このブログは約2分で読めます。★

某大学に導入されている、
オンライングループレッスン(海外)の体験ルポルタージュです。

各国の生徒が数人集まって受ける授業なので、
尻込みしてしまう学生さん向けに執筆してまして、
某大学内で掲載&資料提供されています。

(今からどこかの会社の、
ネイティブ先生の、オンラインレッスンを受けて
英会話の練習してみたいなぁ…と

お考えの方にも、何かのお役に立てればと思っております。)
※大学掲載時より、一部加筆修正を加えている箇所があります※

Teki- nai
Teki- nai

クラスメートの名前タブとチャットタブ

グループレッスンの画面で、

・参加している人の状況確認タブ
(名前、画面とマイクのオンオフ、今誰が喋っているかマイク点滅)
と、
・みんなでチャット共有するタブ

があります。

↑これは両方、
余裕を持って見ていられるようになりましょう。
参加してから見て触っても、大丈夫です。
落ち着いて、把握して操作してください。
大丈夫。


先生は予想以上に、
チャットを使って、文字起こししてくれます。

「やっば、何言ってるかマジわからん…」
ってなってると、

「OK! チャットを見れるかい?」的に
言ってきてくれます。
で、
そこに書いてくれる…パターンは多いです。


で、
クラスメートの名前が並ぶタブなのですが、
一緒にいる人の名前が分かっていると
意外にメリット…があります。

メリット…というか、
授業の中で飛び交う英語が、
かなり聞こえていない状況…だと、

聞いたこと無い英単語ばっかりが
聞こえるようでパニクります。

で、私が最初にやらかしていたのは、
「それは、生徒の名前を呼んでいるだけだった。」
って、やつです。(笑)

他国の人の名前は、
予想以上にトリッキーなので
「何か知らない単語」のようにも聞こえます。

私が良く覚えているのは、
「ペィシェント」です。

何回も「ペィシェント、ペィシェント」って
聞こえて……
「なんだっけ?聞いたことある…え、なんだ?
あれ?やば…」って、焦りました。

で、なんとか授業終えて
後で調べても「 Patient 」だと、(患者)って意味だし、
(我慢強い)とも使うようですが、

でも、
そんなことが出たような授業内容じゃないし、、、



で、

数日後に謎が解けました。
また、一緒になったクラスメートに…

居ました。ペィシェントさん(笑)

なので、
サラッとで良いので、クラスメートの名前も見ておくと
授業で飛び交う不可解な単語は、
少し減らせます。

ルポ
スポンサーリンク
誰かに見せてくれるなら~
Teki-naiを追いかけるなら~
41の終わりから
タイトルとURLをコピーしました