オンラインレッスン-ルポ #12

ルポ

★このブログは約2分で読めます。★

某大学に導入されている、
オンライングループレッスン(海外)の体験ルポルタージュです。

各国の生徒が数人集まって受ける授業なので、
尻込みしてしまう学生さん向けに執筆してまして、
某大学内で掲載&資料提供されています。

(今からどこかの会社の、
ネイティブ先生の、オンラインレッスンを受けて
英会話の練習してみたいなぁ…と

お考えの方にも、何かのお役に立てればと思っております。)
※大学掲載時より、一部加筆修正を加えている箇所があります※

Teki- nai
Teki- nai

シ~ン、禁止~

黙っちゃう。
シ~ンとしちゃう。

無音…放送事故…?みたいな状況、、、


これを作ってしまう人、多いです。

これは他国の人でも居ます。


「でも、答えられないし、無理っ!」
「だって、何も話せないんだもんっ!」


大丈夫。

必要なのは「意思表示」です。


「私…わかんないっす…でも、答えたいっす…」


こんな状況は全部、


「ア~ン…ン~…ンフン?~…」


はい、これでも良いです!!


もう、
「シーン、シカト状態」
これを避けられるのであれば、
笑って
アハン?」って言ってください(笑)


先生も、
「あ、わからないんだね?」っていう、
あなたの状況、あなたの気持ちがわかったなら、

違う質問の仕方、もっと簡単な単語、
そしてさらには、
諦める」も選択してくれます!


「OK!ノープロブレム!大丈夫、大丈夫だよ!」

こんな感じで返してくれる先生、多しです。


でも、全くのシーンは
やっぱり他の生徒さんも居るし、
実際の通信エラーもある。

だから、
「おーい?ヘイ??
聞こえるかい?…
ダメだ、通信エラーのようだ。
チャットは見れるかーい?
カチャカチャ…(チャット打つ)

…ダメか。では、次に行こう、、、」

となります。


この時間、これが通信エラーじゃないのなら、
やっぱり、すごい無駄です、みんなにとって。


だから、とにかく埋めましょう、
シーーーン の時間。

大丈夫です。
困った時の
ア~ン…」是非使ってください。

ルポ
スポンサーリンク
誰かに見せてくれるなら~
Teki-naiを追いかけるなら~
41の終わりから
タイトルとURLをコピーしました