やってた?…#39…その4

対話Lesson

★このブログは約4分で読めます。★

やってた、やってた…🙃


いや、ほんとよ、ほんと…🙃🙃



やってた……けども、、、

新しい台詞、会話に…行かないで



おんなじとこばっかり、やってた、#39の。



……

それ、
やってたって言わねぇ~
」…って??
😅💦




思えば…前回……は、、、

8月17日……だし、、、


その1……は、、、

もう一ヶ月前の、
7月17日……じゃないか……



で、今日11月18日…でしょう、、、




4ヶ月経ったぢゃ~ないかっ😲


アカンやつや、、、😣




…と
時間を見つけては

なんとか頑張る私です🤦‍♂️





さてさて…


私にとってはもう、
難しいところだらけ(泣)だから、


どこを拾ってみようかなぁ~ってのが
有り過ぎな#39、、、




…じゃあ~これ!

…どう聞こえました??


難しくない??!!



これ…


But I think though,
most of them have a separate…..



最初のところ……
カタカナで書こうと思ったら…

バッ タァイ スィンク ゾゥ……的な……


…って、



聞こえなくない??!!
🤪🤪🤪





どこぞの教材用に録音したようなやつとは
違いますからね、、、(笑)


ネイティブの会話のそのままの録音ですから、
これこそ
リアル!ですな🤩





……でも、



こ~いうところ……


英文とは、

か~なり掛け離れた感の音で聞こえるところ…



こういうところこそ、
リアルに良く言う音だったりしますよ!!





日本語で考えてみましょうか。




「たとえば~…」 とか、
「そうだな~…」 な~んていうって、



…っとぇばぁ~…」 とか、
…ぉ~だなぁ~…」 な~んて




かなり最初の音をカットしたり、
適当な音に変えて言ってみても、

私達、だいぶ理解出来るのですよね。




そこに、言葉通りの音は無かったとしても、

認識して音を聞き取ったって
なるわけです。




音の特徴
とらえて感じているわけです。





で、

「おはようございます。」 が
おざぁーす。」 になるみたいに、


良く言うような言葉
ありふれた会話の音…ほど、



適当に省略して言いがちなわけです。




だから、
さっきみたいな…


But I think though, …を


実際のネイティブの音だと
掛け離れてて難しいから

真似しないで…


バッ タァイ スィンク ゾゥ 」って


英文読みながら…で、
とりあえず言っとけ……みたいにしてると、




実際のネイティブのリアルな速い会話を

聞き取る力が
まるで上がらない…


…ってことになります。










とは言え、とは言え、

録音聴いてもらって分かるように、


真似するの、
相当難しいですよね…(笑)





でも、
そこにこそ、
音の特徴
潜んでいるので、



あの感じ!
あの言い方の感じ!
あの音の流れの感じ!
あの音のアクセントの感じ!





あ~いうところこそ、
真似しなきゃっ!っていう


意欲と意識

とても大事だと思うのですね。






意識する。

これがあると無いとでは、

まるで違ってきます。






「おはようございます。」 だけを言ってても、

おざぁーす。」 は
きっと、ずーっと、

全く別物の音にしか聞こえないと思うんです。




でも、
おざぁーす。みたいな
ネイティブが言ってる




自分で口にした時、

自分で何度も

意識して
真似て言ってみた時、




感じて、認識出来る、
音の特徴を得ていくのだと思うのです。





ネイティブを
そのまま真似て
得るものは


ものすごく多いです。



Teki- nai
Teki- nai

「はぁ!?
これ、マジでこれを
言ってる???😵」


「ど、どう…
口とか喉とか舌を
使ったら……
こんな風に言えるんだ??🤬」


……との戦いで(笑)


一向に先に進みませんが(笑)



でも!


その戦いの分だけ


ネイティブの音が


確実に


聞き取れるようになっていきます。


これ、ガチ!






さぁ、さぁ!

とにかく……とにかく……

とりあえずの最後まで……

#39……行くんだ……

わたし、、、


タイトルとURLをコピーしました